" ネットオークションはどうしてもリスクを伴う

リスクが付きまとうネットオークション

本当かどうかはわかりませんが「市場価格の半額で購入可能」などの噂もあったりで、ネットオークションで中古車を購入したり、出品したりするケースが増えているようです。

代表的なものはヤフーオークションでしょう。

でも、場合によってはとんでもない被害に遭うこともあるようですね。

ネットオークションで出品者の名義でない車(スペアキーのみでメインキーがない)を落札したが、後日車を自宅に停めている間に盗まれたという実話がネットにありました。

たまたまあった偶然の話ではなく、ほかにも不思議なくらい一致するケースがいくつもあるそうですよ。

極端なケースでしょうが、ネットオークションの場合は、個人間の取引であり相手の顔を見れない場合もあるので、このようなリスクがどうしても付きまといます。


■第三者のチェックのないネットオークション

ネットオークションを利用するときに基本的に認識しておかなければならないのは、 第三者による車のチェックがないということです。

業者オークションだと検査員の厳格なチェックが行われてから出品されますが、このような客観的な車両検査がないままで競りを行うのがネットオークションです。

出品者側が出品している車について悪い材料を進んでいうわけがありません。

ネットオークションで車を買うときは実車の確認をしなければならないというのは、このように中立的な第三者による鑑定がないと言うリスクを避けるためです。


<車の査定豆知識>
改造車の査定を受ける時のコツです。⇒改造車の査定


■買おうと思うなら最低でも実車を確かめよう

車の購入にネットオークションを利用している方の中には、「素人が実物を見たところで何がわかるのか」と言う方も居られるようです。

でも「競り合ってでも手に入れたい」と思う車なら、写真だけではなく実物を必ず確認するべきです。

プロでなくても、自分のイメージから見て全体的な状態がどうなのかくらいはチェックできるはずです。

中古であっても決して安くはない買い物だからこそ慎重にすすめるべきです。

車の見極めが無理な場合、一度たりともだまされるのがイヤだと言う場合、また自分で金を出して修理するつもりが無い場合は、ネットオークションで車を購入するのは避けた方がいいでしょう。


-ここだけのお話-
残価設定型オートローンのデメリットについては、トヨタもホンダもあまり触れていないようですね。
まあ、自分からデメリットを言うことはないでしょうから仕方ないですね。


このページの先頭へ