" 車の査定額には有効期限がある

有効期限切れで再査定とならないよう御注意

注目 あまり粘ると再査定で損をする?

車買取専門店の査定額の提示は、業者オークションの落札相場を見ながら行われます。

オークションの落札相場は日々動きますので、査定提示額にもその金額が有効である期限が付けられるのが普通です。

買取専門店の競争が熱くなると、お互いマージンの削り合いになります。

各社を競わせるのは高額売却のコツですが、あまり時間をかけのも良くないということになります。

再査定になれば間違いなく査定額は落ちるでしょう。

各社の訪問査定が済んだら、売却先の決定まで1週間以内に収めたいものですね。

間違っても有効期間切れで再査定ということにならないよう要注意です。


<車の査定一口メモ>
軽自動車には高く売れる時期がある。
  ⇒ 軽自動車の相場が上がる


注目 査定額は業者オークションに連動している

中古車買取店、中古車販売店などが参加する業者オークションは、今や業界で適正価格が形成される場になっていると言われます。

プロの業者が自動車の状態、細かいオプションの価値まで見極めながら落札しますので、当然ながら落札価格は業者間売買の「適正価格」となるわけです。

買取った自動車をオークションに出すことの多い車買取店は、買取額を提示する場合に中古車オークションの落札価格の相場をベースにしています。

つまり、オークション相場からマージン分を差し引いた価格を買取額の上限にしていることになります。


注目 自動車の査定額は日々変化するもの

車の評価額は新車時から時間が経てば経つほど低くなります。

また業者オークションの落札相場もその日その日の落札価格によって毎日動きます。

査定額に有効期限が付けられるのはこのような背景から逃れられないからです。

があるからです。

具体的な有効期限は業者よって違いますが、短い場合は1週間、長くても2週間程度といったところです。

買取専門店がオーナーを煽るために期限をつけているようにも見えますが、それが有効期限をつける本当の理由ではないようですね。


-ここだけのお話-
残価設定型オートローンの注意点は、月々の支払いは少ないがその分3年後に大きい金額が据え置かれていることです。
したがって金利負担額は通常ローンより大きくなってしまいます。


このページの先頭へ