" 車の一括査定|訪問査定への対応

訪問査定を上手に利用する

■できるだけ多くの査定額を比較する

一括査定を利用するのは、できるだけ多くの買取専門店の査定を受けて高値をねらいたいからですよね。

買取店めぐりと違い一括査定だと、査定依頼を申し込むだけで訪問査定の日時を決めましょうという電話が各社から入って来ます。

3~4社、あるいは5~6社では不十分という場合は、更に別の一括査定サービスを依頼するという方法もあります。

各社の日程調整が大変かもしれませんが、訪問査定を受ける業者を確実に増やすことができます。

3つの一括査定を利用すれば、少なくとも10社以上の査定額を知ることができるでしょう。

完全無料のサービスですから時間があれば積極的に利用するのもいいでしょう。


■メールなどの概算価格を比べてから訪問査定をしてもらう

概算査定額を比較で買専門店を何店かに絞り込んでから訪問査定を受けたい場合は、入力申込み時に「概算額を見てから連絡をするのでメールで査定額をお知らせ下さい」と特記します。

入力時にメールでの通知を選べるものもありますので、そういう一括見積りサービスを利用すれば便利かもしれません。(⇒カーセンサーnet)

それでも電話をよこすようなマナーの悪い業者は候補から除外です。

候補が絞れたら連絡をして訪問査定の日程をセットします。


※査定を受ける際、タイヤが減ってたらどうしますか?
タイヤは取り替えずに査定を受ける


■訪問査定での注意点

何回か経験して思うのですが、訪問査定を受けるときに意外と大切なのは「信頼できる人だ」という印象を与えることではないかという気がします。

信頼関係は何事でも円滑にすすめるための基本ですからね。

プロの査定士ですから事故歴や故障歴など見ればすぐわかってしまいます。

事故や故障歴などを故意に隠したりすると、それだけで訪問査定の雰囲気が変わってしまうような気がします。

意識的ではないにしろ、査定マンは車の不具合の申告などを通じてオーナーの“人”を見ているのでしょう。

・事故や修復歴は正直に申告する

・エンジン及び足回りなどに不具合があれば正直に伝える

車のアピールも大事ですが、その前にまずはこれを心がけましょう。


※こんな話どうかな?
売却代金で車を売る時のオートローン清算に間に合わない場合は、差額を現金で埋めることになります。
高額査定を目指しこの差額をできるだけ小さくしましょう。


このページの先頭へ