" 一括査定を利用する時の流れ

一括査定を利用するときの流れ

注目 ネットから一括査定を申し込む

無料一括査定サイトの入力欄で、

・メーカー名 ・車種名
・年式
・走行距離
・住所、氏名、電話番号、メールアドレス

を記入し、一括査定依頼を申し込みます。

入力時間は数分程度、短いものなら1分もかかりません。


注目 訪問査定の日時を決める

申込み後、早いところでは30分も経たないうちに「概算額は○○です。詳細な査定をさせてください」という電話が入ります。

最大10社や最大8社の場合でも実際に査定に応じるのは通常3~4社くらいといった感じですね。

査定に要する時間などを確認して訪問査定の日程を決めます。

訪問査定は複数の買取店の査定時間が重なっても構いません。


注目 訪問査定の実施

買取店で差があるでしょうが訪問査定は商談も含め1時間程度を見ればいいでしょう。

査定立会いの間に愛車のアピールなども行います。

忙しくて時間が取れないなら立会い無しでもOKですよ。

勤務中に勤務先の駐車場で査定をしてもらうといったことも可能です。


注目 訪問査定日の即決は絶対にしない

査定が済んだ後「今日売ることを決めてくれれば○○万円」などと即決を迫られるかもしれません。

でも査定を受けた日に即決するのは絶対に避けてください。

必ず予定している買取店の査定が全部済んでから売却先を決めます。

「各社の査定を見て○日に決めます」というように決定する日を伝えれば、無理に即決を求められることはないでしょう。


注目 最高額を付けた所に決定を連絡する

各社の査定額が全部出たら査定額を比較して最高額の所に決定しましょう。

「最高額を付けるので一番最後に連絡をください」という買取店もあるかもしれません。

その場合は最高額を伝えて更に上乗せできるかを確認します。


大体このような手順が一括査定の流れです。

車をすぐに売るつもりはなく、概算の相場を知ればいい、訪問査定は受けたくないという時は、申し込みの時にその旨を特記するか、メールでの通知を選択することになります。


※ちょっとお耳を拝借
オートローン残債がある車を売る 時は売却代金でローン残高を清算する形を取ります。
ですからできるだけ高く売るように努める必要があるのです。


このページの先頭へ