" ディーラー下取りでは高く売れない

下取りは買取店と査定の基準額が違う

ディーラー下取りと買取専門店の買取との違いはなんでしょうか。

簡単に整理してみましょう。

○査定の基準価格が全く違う

<買取>

買取専門店は中古車の業者オークション相場を基に、その時々で買い取れる最高値を査定の出発点にします。

この価格から装備や車の状態により増減させて買取査定額を提示します。

大手買取店は全国の相場情報により基本価格が決められるため、高い価格を提示できる場合が多いのです。

<下取り>

ディーラー各社の下取り基本価格表を基にして査定を行います。

この基本価格表の価格は業者オークションの相場とは関係のないかなり低いレベルのものだと言われています。

実際の相場を反映しない価格が基になっているため査定額は買い取り専門店よりも低くなることが多いのです。

○装備品の評価

<買取>

社外品でも評価され人気のある装備などが評価されます。

―参考―>
社外オーディオを次の車に使いたい時は?
  ⇒ 社外オーディを手元に残す

<下取り>

純正品以外はプラス評価されにくいと言われます。

オプションも、メーカー純正オプションでなければ評価されません。

○店舗間の競争

<買取>

複数の買取店の査定を比較誌ながら最高額の所を選んで売ることができます。

<下取り>

買取専門店でより高額査定が出ても下取額を上げてくれることは期待薄です。

○再販売のコストが違う

<買取>

買取車を業者オークションに出品するので長期の在庫を持つことがありません。

<下取り>

自社での展示販売は時間がかかり、展示場の管理費、時間経過による価格低下などの影響を受けます。

それらのコストが下取り額を押し下げることになります。


■商売のスタイルが違いディーラーは買取店に敵わない

更に両者には決定的な違いがあります。

それは、中古車を取り扱う絶対量が全く違うという点です。

中古車の取扱量が圧倒的に多い買取専門店は薄利多売が可能になります。

「薄利」ということは高額買取が可能になると言うことです。

この業態の違いだけで、ディーラー下取りは買取専門店に敵わないといえるでしょう。


※閑話休題・・・車のお話
やむを得ずオートローン残の車を売る時にはできるだけ高額査定を目指すべきです。
査定額の高いか低いかが清算差額の現金持ち出しに直結しているからです。


このページの先頭へ